Top

カテゴリ:bianchi( 3 )
掛けられることのなかった絵とふたたび乗られることのなかった自転車
b0165779_10541639.jpg

ようやく福岡に帰ってきました。
ばたばたと慌ただしく。という言葉が相応しい12月でした。
この1年の疾走というより3年間の疾走。
3年で2つ立ち上げ。こなした仕事内容は数知れず。

どちらも充実した時期はありましたが不満も多く疲れました。
不満。とは語弊があるつもりです。
ああしたいこうしたいという欲求が満たされることが少なかった。
と言っておきたいです。

状況は両者、対極にありましたが、ま、そういうことでした。
前者はノスタルジーに生き、後者はこれから。
これからの世界をもうしばらく見つめていこうと思っています。
ああしたい、こうしたいという考えに至るにはそれなりの思考が先にあって
しかしながら、実践するには力不足でした。そういうことです。

ところで久留米に越した時に、と買った絵があります。
具現化する根拠などまるでない状況の中、買いました。
ロンドン、コペン帰りで気分が高揚してたのもあるでしょう。
未だ見ぬ家に対する漠然としたイメージを具現化する手立てとして。
『絵を買う』とはどういうことか?そんな話しを飲みの席で話したこともありましたね。

一方、ぼちぼち進めてきたBianchi 26inch のレストアですがついに終わりませんでした。
リミットがあっただけに終えるつもりでしたがいざ取り付けの段階でブレーキのバネが
摩耗し機能しないため諦めました。制御装置ですから持ち主に返却しても
乗られることがないと知りながらも全体が古いが故に怖かったからです。
ブレーキは新設し返却する予定です。乗り手が見つかるまで、チューブラー⇒WO化まで
やったほうが自転車は幸せかもしれない。そういった思いも脳裏をよぎり断念しました。

いかにも僕らしい両方の判断だと思います。
「家に帰る」というのはどうか?と提案した僕らしい判断。
今、家にいます。正確には家だったところにいます。
一体いつになれば僕の家は見つかるのか?

昨年もたくさんの人にお世話になりました。
ロンドン⇒コペンに行けたこと(ちえちゃん&マークありがとう)
ロードバイクが生活に溶け込みつつあること
この2つ。
僕にとっては大きな進歩です。
ありがとうございました。

今年は実践、経験で得たものを整理、再構築しつつ
次へ。
本が読める。ことが今は何より嬉しいです。
今年もよろしくお願いいたします。
b0165779_1054399.jpg

生きられた家―経験と象徴 (岩波現代文庫―学術)

多木 浩二 / 岩波書店


[PR]
by afterthecycle | 2011-01-04 10:56 | bianchi
空は何色か?
やっぱイタリア車いいなぁ。
と金もないくせにそんな夢想をするにはいい季節になってきましたね。

そんな感じでヤフオクをぼんやり。

b0165779_23191216.jpg

ビアンキのトロフェオ(TROFEO)2002年モデルです。
新車で購入し6〜7kmの距離を4回乗りました。
室内保管にて雨天未使用です。
エヌビーエス時代のチェレステは現在のカラーとはニュアンスが異なり
透明感のある“空色”となっております。


だってさ。(画像問題あれば消します)
NBSとは輸入代理店でどうも2004年あたりでサイクルヨーロッパに
変わったらしい。

代理店が変わったら色が変わるのか?と半信半疑ですが、
どうやら毎年違うみたいです。

ビアンキ wiki

知らない人のために。
ビアンキというイタリアの自転車メーカーは、
チェレステ(碧空)カラーといわれる独特のブルーの
車体を多く販売していてそれがひとつのブランドアイデンティティとなっています。

自転車に興味を持った頃から(中学生くらい?)
いつかはチェレステ。とどこかで思いながら育ちました。
やっぱパンターニかな。
b0165779_2349890.jpg

彼とアンドレ・アガシほどピンクとスキンヘッドが似合うアスリートはいないですね。

僕の乗ってるナイアラはちょっと色が薄いなぁ。
と思ってましたが色褪せだけでなくこの時期の色味もあるんでしょうね。
珈琲豆屋ビアンキも古さもありますが比べると全然違います。

b0165779_23195018.jpg

上が豆屋、下が僕の。

空の色って何色なんでしょうか?
数年前の池澤夏樹さんのエッセイにこんなのがありました。
黄色がかったヨーロッパの空。
フランスでの話ですが日本とイタリアもまた同じでしょうね。

イタリアって南国ノリでのんびり、スローフードなイメージですが
ビアンキのような世界企業って結構あります。
世界企業でありながら自国のカラーを崩さないあたりが
さすがローマ帝国の末裔だなといつも思います。
意外に勤勉で努力家なんでしょうね。

ローマは一日にしてならずぢゃ。

おまけ。
パンターニの画像探しててみつけたグラフィック。
愛がありますね。
b0165779_23523333.jpg

と、勝手に拝借するのは気が引けるので Sergio Bezzantiさんの絵みたいです。イタリア語わからん。。
[PR]
by afterthecycle | 2009-09-10 23:56 | bianchi
ビガビガ
b0165779_21305352.jpg

今日いつものSEIYUに行ったらいつものみどり牛乳がありませんでした。。
しょうがなくメグミルクにしましたが味にがっかりです。
味だけでなく、みどりのウルトラマンみたい(に見えてきたでしょ)なパッケージと
「みどり」だけ妙にへなちょこタイプフェイスなのが好きなんです。。
早く帰ってきなさい!

b0165779_21364224.jpg

さて、某珈琲豆店のBianchi。
レストアのgoサインがでないままぼちぼちばらして磨いてました。。
ビガビガとまではいきませんがボチピカくらいにはなりました。
伊、日分け隔てず。
あと、ホイールぐらいで磨きは終わります。
グリースも注文したので仮組みくらいまでは
僕でやってみようと思ってます。

やばい。レストア好きかも。
自分が乗るというイメージでなく多分、実物大の模型くらいに思って
ヤフオクとかつい見てしまいます。

自転車好きとは言っても確実に乗るよりいじるほうが好きみたいです。
そういや小学生の頃の夢は田宮模型に就職することだったなぁ(笑)
[PR]
by afterthecycle | 2009-09-09 21:47 | bianchi